袴とブーツ

基本的には、和服や袴に合せるのは草履ですが、大正時代に西洋への憧れから、袴にブーツを履く女学生が多くなりました。
その流れから、卒業式に袴・ブーツが多くなっているようです。
また草履に慣れていないと、足が痛くなったりしてしまうので、ブーツにしている方が多いそうです。
ブーツ:草履が7:3といったところでしょうか。

 

気を付けなくてはいけないのが、草履とブーツでは、袴を着付ける丈が違います。
ブーツの場合は短めに着付けますが、草履は長めに着付けをします。
袴をレンタル・購入するお店などで一度ご相談してみてはいかがでしょうか?