卒業式の袴のことならお任せ!!

男性の袴=男袴

男性用の袴のことは男袴(おとこばかま)とも呼ばれています。
袴は日本の男性には欠かすことの出来ない着物です。組み合わせや仕立てによって、正装から運動着まで大きく変化してしまうことが最大の特徴です。袴には次のような種類があり、それぞれ特徴があります。

 

  • 馬乗袴(うまのりばかま)…中が二股に分かれており、裾が広く作られているため動き易く感じます。
  • 行灯袴(あんどんばかま)…股の間に仕切りのないスカートのような形状の袴で、馬乗袴に比べると動き易さは劣ります。
  • 馬乗袴と行灯袴はどちらも冠婚葬祭や参拝などの正式な場で着用されることが多く、どちらを選ぶかは個人の好みに左右されます。
  • 野袴(のばかま)…裾が細く作られており、大変動きやすい袴です。正式な場よりは日常生活で着用することのほうが多いようです。