卒業式の袴のことならお任せ!!

女性の袴=女袴

女性用の袴のことは女袴(おんなばかま)と呼ばれています。
明治時代から昭和初期には女学生の制服として多く着用されていました。
現在でも卒業式における女性教員や女子大生の定番の服装になっています。
現在着用されるものの多くは行灯袴と呼ばれる長い巻きスカートのようなタイプで腰板がありません。
しかし、一部神社の巫女や現代の女性皇族、雅楽舞踊の演者などには、男性同様の足を通す部分が二つに分かれたタイプの着用も見られるようです。
男袴とは前後の襞の数が違います。